株初心者のためのデイトレードで稼ぐ方法についてまとめております。デイトレードとは日計り取引として、株を持ち越さず時間外での大きな出来事によるリスクが少なく絶対リターンを追及するので、インフレの影響がほとんどありません。

株はローソク足の見方を覚えたり限度額を決めてから

株に投資をする時には覚えて置かなければならないことがたくさんありますが、まず最初にローソク足の見方を覚える必要があります。
ローソク足というのはある期間の値動きを表したものであり、この中には始値、高値、安値、終値の情報が含まれています。
日足のローソク足の場合、一番上部に当たる部分がその日の高値であり一番下部が安値となります。
始値よりも終値が高い位置にあるものが陽線と呼ばれるものであり、その日の高値と終値が異なる場合上ヒゲと呼ばれる線ができ、その下にある横軸の線が終値となります。
逆に始値よりも終値が低い場合には陰線と呼ばれるものとなり、安値よりも終値が高い場合には下ヒゲと呼ばれる線ができます。
ローソク足の動きや組み合わせによって、市場の心理を読み解くことができるため株に投資をする場合にはまずこのローソク足見方を覚えておくことが大切です。

次に株に投資をする場合には、限度額を決めることが大切でありここまでの損失は許容するというものをはっきり決めて始めるようにすると良いでしょう。
最悪なくなって見いいという限度額を決めて投資をすることにって、リスクを抑えた投資をすることが出来ます。
限度額を設定して置かなければ、大きな損失を出してしまったり大きな損失を出してしまった時に冷静さを失って、無謀な取引をしてしまったりしがちですがあらかじめ限度額を決めておけば冷静さを保つことができるので、損失を出すにしても最小限に抑えることができます。
株に投資をする場合リスクは避けて通ることが出来ないものであるため、いかにそのリスクを抑えるかということは重要となってくるので、基本となる部分をしっかりと勉強をしてから投資をするようにしましょう。